ホーム

【退職前】誰にも相談しないのは信用していないからではありません。

会社を辞める時、あなたなら同僚や上司に相談しますか?

私は誰にも相談しませんでした。
理由があって、あえて、相談したくなかったのです。

相談しないのは信用していないからではない

相談しない理由としてまず思い浮かぶのは、「誰も信用していないから」とか「円満退職に向けて綿密に考えているから」といったことでしょうか。

会社の誰かに相談したことで、自分の意図しないところで社内に広まってしまったり、引き留められてしまったりして、うまく退職できなかったりする例はよく取り上げられます。

確かにこれらは円満退職をするためには、注意しなければならないことです。

でも私は、それよりも注意しなければならないと思っていたことがありました。

それは、悪い影響を受けたくないという理由でした。

 

退職を誰にも相談しない理由

私は長年勤めた会社を退職する時、転職先は決めていませんでした。

「もう雇われる人生を辞めたい、自分で稼げるようになりたい。」

そう思って、自分で稼ぐために退職したからです。

会社員時代に、退職してから半年ほどであれば、なんとか生活できるくらいの貯金は貯めていました。

その貯金が尽きるまでは、稼ぐために勉強すると決めていたのです。

私は会社員時代、給料もそれなりに上がっていましたが、その会社でしか役に立たないスキルしか身につけていなかったため、「この年齢でこのスキルではどこにも需要はない」ということを自分でも理解していました。

だからこそ、もし自分で稼ぐことが出来なければ、確実にゼロからの再スタートになることを理解していました。

最悪、バイトや低賃金の仕事しか見つからなくても決して後悔しないという覚悟で退職を決意していたのです。

そして、退職を決めてからは誰に相談することもありませんでした。

逆に、誰にも相談したくないとさえ思っていたのです。

決して、会社に相談できるような人がいなかった訳ではありませんでした。

ただ、その人たちも含め、会社にいる人たちは「全員サラリーマンである」ということだけは、紛れもない事実だったのです。

だから、私は誰にも相談しませんでした。

なぜなら、必ず聞かれることは「次の仕事」で、しかも、かならず「転職」ありきで聞かれるからです。

もし、「転職はせず自分で稼ぐ、フリーランスで生きる」と伝えたらどうでしょうか。

そもそも上司や同僚はサラリーマンですので、自分で稼ぐという思考を持ち合わせていません。

悪く言うつもりはありませんが、基本的に会社という組織で働いている人は、雇われる人生しか歩んでいません。

そのため、自分で稼いでいるような人たちは、特別な人として捉えています。

自分には出来ない生き方だと思っているからこそ、自分で稼ぐ人はそれなりのスキルがあり、選ばれた人だと思い込んでいるフシがあるのです。

そのため、今まで自分と同じような仕事をしていた一般人が、「自分で稼ぐ力」などあるわけがないと判断してしまいます。

「この歳でイタイやつだな」
「そんなに上手くいくわけがない、考えが甘いな」
「失敗してあとで後悔するだろう」

このように、高い所から見てしまう気持ちも分からなくはありません。

彼らにとってお金を得る方法は「雇われる」ことであり、それ以外の方法は「ない」と考えているからです。

私は、希望を持って新しい道へ進み出そうとしている自分に、そういったマイナスの影響を受けたくありませんでした。

だからこそ、誰にも相談をすることはなかったのです。

実績が出ていない状態でフリーランスになると言っても、きっと彼らは頭から「できない」と思い込み、悪気もなく私の可能性をつぶしてしまうかもしれません。

いわゆる、「ドリームキラー」になる可能性があるのです。

ドリームキラーとは、直訳するとそのまま「夢を殺す人」になります。

何かの目標に向かって頑張ろうとした時に、その人のやる気をつぶしたり、夢や目標を妨害をする人たちのことです。

先ほどのように、私が自分で稼ぐと言った時、否定して夢や目標を妨げるのです。

このドリームキラーは、誰でもなる可能性があります。

家族や友達、同僚や上司かもしれません。

今までのあなたを近くで見てきている人だからこそ、今までの過去の延長上で、将来のあなたを判断してしまい、あなたの夢を簡単に否定してしまうのです。

私は、絶対にこの「ドリームキラーの影響」を受けたくないと思っていたのです。

 

ドリームキラーは徹底的に排除する

「自分の意思を強く持つ」ということも大切ですが、今回の私のように「自分に悪影響になりうることは徹底的に排除する」ということも大切です。

先ほど出てきた「ドリームキラー」も大きくわけると2種類のパターンで存在します。

・意識的ドリームキラー
・無意識的ドリームキラー

意識的なドリームキラーとは
意識的に、あなたの足を引っ張り、夢を妨害しようとする人たちです。

例えば、私がフリーランスになると伝えたら、「そんなこと出来るわけがない」などと、悪意を持って発し、あなたの夢を妨害してきます。

無意識的なドリームキラーとは、家族や友達などに多く、あなたを心配するあまり、あなたの夢をつぶしてしまう人たちです。

あなたに失敗をしてほしくないからこそ、今までの統計や過去のあなたを見て判断し、忠告のつもりで無意識に夢を妨害してきます。

先ほどの例えと同じように、私がフリーランスになると伝えたら、ご両親はあなたの将来を心配し、「フリーランスで生きていける人は少ないからムリだ」と夢をつぶしてしまうのです。

このように、誰かに夢を伝える時は、誰しもドリームキラーになってしまうことを理解しておく必要があります。

自分自身の「自己肯定感」が高ければ、ドリームキラーが何を言ってこようとブレることはありませんが、少しでも自分への悪影響があると考えるなら夢や目標は誰にも言わない方がいいと思います。

私は、本当に叶えたい目標があるときは、誰にも言いません。
その方が、大切な人をドリームキラーにさせることもなく、ストレスなく目標に打ち込めるからです。

だから、退職することを、あえて誰にも相談したくなかったのですね。

あなたも、近くにいるドリームキラーに、あなたの夢を妨害させないように注意してください。

あなたが夢に挑戦してもしなくても、誰もあなたの人生の責任は取ってくれません。

あなたの人生に責任を取れるのは、間違いなく、あなた以外存在しないのです。