ホーム

【恋愛がつらい】恋愛で頭がいっぱいなのは、孤独と承認欲求を満たしたいから。

恋愛で頭がいっぱいになる原因

突然ですが、あなたの中の恋愛に対する比率は、全体のどのくらいを占めていますか?

特に女性は、恋愛への関心が高く、すぐに頭の中が恋愛だらけになってしまう人がたくさんいます。

私のように30~40代になってくると、
恋愛だけではなく、結婚を見据えた相手が欲しいと強く願う人も少なくないでしょう。

ただ今の世の中は、恋愛をしなくても十分楽しめる時代でもあります。

にもかかわらず、結婚や婚活にばかり囚われている人たちが減ることはありません。

30代40代になって、急に婚活に励み出す人もたくさんいます。

30代は『子供を産むか産まないか』という選択で結婚を考える人もいるでしょう。

でも40代からは、そこからさらに『将来、自分が孤独になる恐怖』から婚活に励む人が非常に多くなります。

・将来一人で寂しい人生を送る恐怖
・病気した時に誰も看病してもらえない恐怖
・親が亡くなったあと、本当に一人になる恐怖
・誰にも選んでもらえなかったのだと烙印を押される恐怖
・一人きりで孤独死する恐怖

私は現在、アラフォーで独身です。
もちろん、不安になる気持ちもわかります。

でも決して、結婚したからといって不安や孤独が解消されるとは思いません。

『一人ぼっち=孤独』と思われがちですが、例え家族がそばに居ても、会社で多くの人と関わっていたとしても、孤独感は感じるものです。

結婚しても、仲が悪くなれば一人っきりになるかもしれません。

冷静に考えて、今と同じ状態や気持ちが永遠に続くことは絶対にありません。

しかも、お互いに、です。

でも、今の『お互いが大好きな状態』が永遠に続くと思いたいのはわかります。

ですが、それは逆に正常な状態ではないと思いませんか?

お互い個々のコミュニティも人間関係も、環境も状況も価値観も気分も、今と『変わらない』ということはありえませんよね?

お互いの状況も必ず変わりますし、
新しく出会う人も必ず現れます。
日々の中で、たくさんの影響を受けて価値観も変わっていきます。

 

お互いが同じように、同じペースで変わっていくとは限りません。

お互いに『変わる』ことの方が、むしろ自然なのです。

『今と同じ』を願う人たちが結婚すれば、別れることになるのは当然のことです。

現実には、既婚者の3組に1組は離婚をしているのはそういうことなのです。

離婚していなくても、夫婦関係が破綻している家庭などよくある話ですよね。

そう考えると、結婚して上手くいっている人たちは全体の何割なのでしょうか?

みんな結婚を決めた時は、
将来、自分たちが離婚するとは考えていないはずです。

『自分たちは大丈夫だ』
そう思っているからこそ、結婚するのです。

そして『今と同じ気持ちを持ち続ける約束』をお互いに課せて結婚します。

『人は変わる』ことを知っていながら、『変わらない』ように約束をすることで安心を手に入れようとしているのです。

でも、それで安心が手に入るのかは定かではありません。

『安心』の定義すら、みんな違うでしょう。

考えなければならないのは、
あなたが結婚で手に入れようとしている『安心』とはなにか、です。

 

  • 将来一人で寂しい人生を送らなくていい安心?
  • 病気した時、誰かに看病してもらえる安心?
  • 親が亡くなったあと、一人にならない安心?
  • 誰かに選ばれた女性だとまわりに評価される安心?
  • 誰かに看取られて死ねる安心?

 

これらの安心は、
結婚したからといって得られる安心ではありません。

ただの他人依存なのです。

逆に、結婚することで安心を手に入れようとすると、大きなリスクを負ってしまう可能性すらあります。

独身の時は、何かトラブルがあったとしても自分自身で改善できる範囲の問題がほとんどです。

会社で上司からのパワハラで悩んだとしても、最終的に会社を辞める決断は自分でできます。

嫌いな人がいたら、縁を切ることも距離を取ることも自分で決められます。

でも結婚すると、
自分ではどうしようもできない問題がたくさん降りかかってきます。

もしかしたら、あなたの夫が犯罪者になるかもしれません。
子どもも、あなたが思うように育つかはわかりません。

もちろん、あなた自身の日々の過ごし方や物事の捉え方、まわりとの関わり方や築いてきた関係によって変わります。

しかしながら、自分ではどうしようもないことで、
自分の人生がゴロっと変わってしまう可能性もあるのです。

それも含めて誰かと家族を作れば、大変ではあるけれど、決してひとりでは味わえない経験ができるのですから、そういった意味では楽しいですよね。

でも、将来の孤独消するために結婚』がしたいのなら、
それはいずれ、大きなリスクとしてあなたに重くのしかかるかもしれません。

ただ「寂しい・誰かと繋がっていたい」そうやって寂しさから逃れるための結婚は、ただの依存なのです。

相手が与えてくれる、満たしてくれるという他人依存なのですね。
相手が自分の不安と欲求を解消してくれると思っているのです。

  • 相手が面倒をみてくれる
  • 相手が寂しさを満たしてくれる
  • 相手が助けてくれる

 

厳しいようですが、
寂しいからと友達や恋人をつくっても根本的な『孤独感』の解消にはなりません。

『孤独感』は、どれだけ家族や友達と一緒にいようと、
必ず満たされるものではないからです。

『孤独感』を解消するには、
『自分と向き合うこと』しかありません。

あなたが一生一緒にいるのは、
親でも友達でも子供でも恋人でも配偶者でも、他の誰かでもなく

そう、自分自身なのです。

だからこそ、自分の孤独感を自分以外の誰かで解消しようとするのではなく、自分と向き合うことでしか解消はできないのです。

ある意味、自分と向き合い、自分自身を知るためにも『孤独感』は必須なのかもしれませんね。

人生で一番つらいのは孤独?

あなたはもし、
『生きている中で最もつらいことは何ですか?』と聞かれたとしたら、何と答えますか?

  • お金がなくなること
  • 住むところがなくなること
  • 体が不自由になること

きっとたくさん出てくるでしょう。

私自身も表面的なことを言えばいくつか出てきますが、
究極の答えはこれだと思います。

人間が最もつらいこと、
それは「孤独」。

特に、恋愛関係では『孤独と承認欲求を満たす』要素が強いのではないかと思っています。

こんな風に感情がないように言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、
少し考えてみてください。

あなたが誰かに恋をするとき、決して「孤独を解消しよう」とか「誰かに存在を認めてもらいたい」と頭で考えて好きになるのではないですよね?

ある意味、本能で恋に落ちると思います。

人が特定の人に対して恋愛感情を持つ理由は、人間の遺伝子に組み込まれている「子孫を繁栄していくために必要な本能」でもあるからです。

もし、人が恋に落ちることがなければ、子孫も繁栄していかないでしょう。

そう考えると、
人が最もつらいことである『孤独と『恋愛』はつながっているのかもしれません。

人は『恋愛する』ことで『孤独』から逃れ、結果、子孫繁栄にもつながっていくとも考えられます。

恋愛には、そういった本能としての機能も少なからずあると思います。

ですが、将来、孤独になることが不安で『結婚』というシステムを使うのは、今や得策ではありません。

他者で孤独を解消しようとしても、必ずまた孤独は自分のところへ返ってきます。

なぜなら、他人から得れたものは、結局、他人が決定権を持っており、他者次第だからです。

結婚だけが幸せではないことが今の常識

今思うと私は、30歳を超えるまで恋愛は後回しでした。

もちろん恋はするものの、
自分がワクワクすることや、その時興味があるもので頭がいっぱいでした。

そんな私も30代を過ぎると、世の中の独身女性と同じように『結婚をしたい、子供がほしい』と思いはじめたのを覚えています。

でもすぐに、自分自身を疑いました。

  • この衝動は本当に私の気持ちなんだろうか?
  • 本当に自分が求めていることなのだろうか?
  • 世間に植え付けられた常識、固定概念ではないのか?

自分でも気付かないうちに、
ある年齢がきたら結婚をするものだと、どこかで思っていたのですね。

現代はいろんなことを自分で選択できて、数えきれないほどの選択肢があります。

ひと昔前は、自分の人生を自由に選択できない時代でした。

でも今は、自分で選べる時代

 

  • 結婚も幸せだけど、結婚だけが幸せではない。
  • 結婚はあくまで法律上、心が伴っていることとは別。
  • 結婚しなくても、好きな人と一緒にいることもできる。

 

そして『人は変わる』ということ。
価値観も気持ちも変わる。

『何が正解で、何が正解ではない』のではありません。

ただ、表面的な結婚とういう紙切れに囚われずに、自分ひとりでも幸せだけど、あなたといたらもっと人生が豊かになるし、お互い成長できる

そう思えたときに、結婚でも何もでもすればいいのではないかと思います。

 

 

PS.

孤独ってつらいですよね。

誰もが必ず経験することだと思います。

そして、歳を重ねると余計に必然とやりとりできる友人も少なくなり、どこかに依存したくなるものだと思います。

逆にどこかに安心する依存先があるからこそ、人はいろんなことに挑戦ができるのかもしれません。

 

でも、孤独への不安と承認への欲求は、自分と向き合うことが大切だと思っています。

 

先日、弟と登山に行ってきました↓

昔はひとりでよくいろんな場所に出かけていました。

ひとりで登るのもいいですが、弟と一緒に登るとやはり楽しいです。